古民家改修作業もあと少し

3月17日(金)19日(日)と2日間
今月も古民家の改修作業が行われました。

今年度中に、この事業は終了です。

したがって、
4月の初めまでには何とか終えようとのことで、
2月、3月は急ピッチで進めてきました。

完成時の名称「ふれ愛の舘」

完成後は、逸見幸也さんが、運営をしていかれる予定です。

7
17日(金)は、家屋の中にある大量のゴミ出し、玄関前へバラスを入れました。

最初の頃とは、見違えるほど綺麗になりました。

19日は、残ってたゴミ。
これもまだまだ大量にありましたが・・・

これらを表に出し、家屋の中のフロアーに
フローリングマットを敷き詰めました。

9
板のフロアーにノリを張り巡らし、その上からフローリングマットを張り合わせます。

これが、けっこう大変な作業で、手につくわ、足につくわ、服につくわ、
ついたところが、粘着で離れなくなるわで、てんやわんやでした。

私は、ほとんど助手でしたので、まだ、よかったですが、
手にひっついて大変でした。

しかし、あの、ノリがもし、目にでも入ったら失明でしょうね。
後から考えるととても危険な作業でした。

10
奥の部屋をまず、完成させて、手前をやり終えました。

11

12

ご覧のとおり、残るは廊下部分だけです。

いやぁ、五明のまちづくり協議会の方々は素晴らしいです。
よくこんなことまで出来るなぁと感心させられます。

8
昨年の8月からお手伝いをさせてきていただいきました。

最初は、正直、大変だし、途中から、こんなことやってて、
本当に地域の人達に喜ばれてるのかな?という疑問も出てきたりと、
複雑な感情になったのは事実あります。

しかし、よその地域のまちづくり協議会にはない活動で、
五明ならではの活動であると、途中からは理解もできました。
今となっては、終わってしまうのは、少し寂しい部分もあります。

なにはともあれ、今年度で終了予定。あと少し、完成までおつきあいしていこうと思います。
皆様、3月も本当にお疲れさまでした。

Share This:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL