五明小学校PTA会長の西森拓郎さんにお話しを伺いました

五明小学校PTA会長の西森さんにお話しを伺いました。

img_20160925_103154

西森さんと初めてお会いしたのは、牧病院のお祭りの時でした。

 

その後、五明小学校盆踊り夏祭りや、小学校の草刈り、その他、公民館行事と
よく顔を合わせます。

 

PTA会長に就任なさってからの思いをお聞きしてみました。

 

西森さんも移住者の一人。

 

現在は農協の農業従事者を育てる学校で就学中とのこと。
来年より本格的に農産物の植え付け、収穫も始まるそうです。

 

「大変いいところなので、この環境で子育てしてみたかった」と、西森さん。

 

五明に対する愛着がある一言をいただきました。

 

 

支所で「地域経営戦略カルテ」のなかで、凄い記録を見つけてしまいました。

 

五明地区「役の重複実態調査」のなかで「12役」「16役」など普通にあること。

 

 

 

 

PTA会長も大変ですが、それ以外にも・・・

これが地域住民の役をする方々への負担になっているのではないか?

 

私の脳裏にはそういう心配がよぎりました。

 

約500名ほどのこの村に住む人々の地域課題。

この役の重複状況。これも今後、なんとかしなければいけない問題の一つのようです。

 

 

Share This:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL